安くてよく染まる白髪染め情報

比較して選んだ安価なシャンプータイプの白髪染めに満足

 

白髪増えたな

 白髪染めを家庭で行う場合、使用する白髪染めにもよりますが、持続性は10日程です。
となると月3回は染める必要があります。
そう考えると結構な出費になってしまいますので安くてよく染まる白髪染めを使うのが一番です。
もちろんコスト的に考えると、持続性も必要ですよね。色々なご意見や評判から総体的に安い白髪染めはどれなのか探ってみましょう!!

 

代表的なご意見を聞いてみました

 私は自営業をしている者です。客商売ですので毎日お客さんと触れ合います。この仕事を始めてもう数十年がたちました。
そしてお客さんとの付き合いもそれなりに深まってきました。先日ある人と話していたら「白髪が増えたねえ」と言われました。
何気なく言われただけですが、気になって改めて鏡を見てみました。よく見るとやはり白髪が目立ちます。

 

 気づけば私ももう50代です。白髪が増えてもおかしくありません。でもお客さんから言われたからには気になります。それに妻も白髪のせいで老けて見えるようだと言います。そこで一度白髪染めをしてみようかなと考えました。とは言うものの、今まで染めたことがないので正直言って染め方がわかりません。
 しかし床屋で染めてもらうとなるとお金がかかります。なにしろ自営業ですのであまりお金を使うわけにはいきません。そこで初めは染め方がわからなくても、使っているうちに慣れるだろうからと思い自分で染めることにしました。そして買いに行ったところ、思ったよりたくさん種類があってどれを選ぼうかと迷うくらいでした。結局いろいろある中から比較して、シャンプータイプのものを買いました。このタイプならシャンプーのようにするだけなので染め方も簡単だろうと思ったのです。そして使ってみたら思ったとおり簡単に染めることができ、良かったです。染めた後鏡を見たら、きれいに染まっていてとても満足しました。安価なものでもこんなにきれいに染まるのだなと感心しています。
 これを機会に、今後も白髪染めを使っていこうと思います。

 

安価で出来る自宅染め

 50歳を過ぎてから白髪が目立つようになってきました。美容院でのカラーリングですとお値段がかなり高いですので、今回は自宅で染めようと思います。
 白髪を染める場合、ヘアカラーと白髪染めがありますが、この2点を比較した場合、一体どこが違うのでしょうか。
 まず価格から言いますと、どちらも1000円前後で購入できますのでかなり安価です。ヘアカラーの方がお色にバリエーションもありますしこちらの方が名前からも綺麗に仕上がりそうな感じがします。しかしヘアカラーは黒髪を染めるためのもので、白髪を目立たなくは出来ても完全には染め上がることは不可能です。それに2週間位すると白髪の部分の色が抜けてきて、赤く光って目立つようになります。
 白髪染めは白髪を染める為に考案されていますのでしっかり染めることができます。色数が少ないのが難点ですが、最近では明るい色も増えてバリエーション豊かになりました。白髪がかなり目立つ場合は白髪染めの方が長持ちしますし、白髪だけ赤くなることはないので安心して染めることができます。髪の傷みの点では、どちらも同じくらいといったところでしょうか。どちらもキューティクルを傷めてしまうので、染めたあとはトリートメントなどでしっかりヘアケアしなければ、せっかく綺麗に染まっても、髪の毛がパサついてしまってまとまりがなく台無しです。
 綺麗で若々しさを保つためにも染めたあとは継続的にヘアケアをして、綺麗な黒髪を保ちましょう。

どの白髪染めトリートメントがベストなのか!

 白髪染めトリートメントは数多く発売されていて、結局どれを買えば良いのか迷いますよね。しかも安くていい物が欲しい。かと言って自分で調べるには情報量が多すぎますので、安くてよく染まる白髪染めトリートメントはどれなのか?
 安い白髪染めトリートメントが分かるだけでなく、使い方によってもコストダウンできますので、知っといて損はないです。

 

安い白髪染めトリートメントが見つかる白髪染めトリートメントおすすめラボ